病気が長引くときに発生する危険性とおまけ

今回は病気が長引いたときに発生する危険性とそこで出てくる炎症に絡めたおまけです

前回の記事で病気になると免疫が働きウイルスを排除するといいました
またその排除により体の中が戦場のように傷つくともいいました
そのあたりの説明が今回の記事になります
そして誰かさんを脅すための記事でもあります(
続きは追記で





まずウイルスか自己細胞かどうやって判断してるのかというと
ミッシングセルフ
こいつです
ミッシングセルフ機構と言われています
NK細胞=ナチュラルキラー細胞
興味のある方はこれを基に調べてみてください

これは完全に正常な状態で起こる免疫の働き方となります
しかし、免疫はすべてが正常に働くわけではなく、多少の失敗作などが発生するものです
またウイルス自体による細胞への攻撃もあり、正常に免疫が働いていても細胞は多少傷ついていることになります

ということは、風邪が長引けば長引くほど体の中はどんどん傷ついていくこととなります
これが病気の長期化による危険性の一つです

ただの風邪だと侮って放置しないでください
長期化・重症化すると命に係わりますし、治っても後遺症が残るなど面倒なことも発生します
ちゃんと休養を取っているのに4日以上おさまらないなど異常を感じたら医療機関の受診をお勧めします


じゃあ細胞が傷ついて壊れると何が危険かということです
風邪などで発生する体内の傷はほとんどがすり傷のような小さな傷です
なのでほとんどのものが治りますし、内臓障害まで進行する場合は稀です
細胞が壊れることで発生するもので恐ろしいのは心室細動や心停止です
これは大火傷の時も危惧される症状です
簡単に原因を言うと

細胞の中には多量のカリウム(K)がある

細胞破壊により細胞から多量のKが流れだし血液内に多量に流れる

血液中のKが多いと心臓の機能が低下する

K濃度の高い血液が心臓に流れ、心臓が止まる

という感じです
本来はもっとちゃんとした流れがありますが今回は簡単にということでこのぐらいで(
余談ですが心臓の手術をするときに心臓を止めるために用いるのも主にカリウムです(他のものもいっぱい入ってます


次に免疫に異常により発生する傷害です
これはいわゆるアレルギー(過敏症)というものです
一般的に、免疫反応は本来自分の体を守るために働きますが、過剰な免疫反応や体に不適な免疫反応が発生する場合があり、これにより細胞や組織が傷つけ、破壊されて病気の原因となることをアレルギーといいます

よく聞くものとして、アナフィラキシーショック、花粉症、関節リウマチ、ツベルクリン反応、じん麻疹、鼻炎、気管支ぜんそくなどがありますね
アレルギー分類
アレルギーの分類です、興味のある方は参考にどうぞ


このアナフィラキシーショックを勘違いしている方がいるようですが、これはアレルギーによるものです
蜂の毒などによって結果的に発生しているものですが毒のせいではありません
ですがこのアナフィラキシーは毒と勘違いされるほど危険な反応です
またアナフィラキシーショックは食べ物のアレルギーによって発生する人もいます
なので必ずアレルギーは必ず把握して、だまして食べさせてみるなどの安易な行為は絶対にしないでください
毒を飲ませるのと一緒です
お酒も同じです
肝臓で無毒化されますが、生まれつき人それぞれの処理能力の限界があります
飲めない人はアルコール消毒を手に行うだけで顔が真っ赤になったりかなり過剰に反応します
飲めない人に無理の飲ませたり、一気飲みは絶対にやめてください
また飲めるからと言って飲みまくると肝臓と腎臓に負荷がかかります
なるべく内臓のお休み期間を取ってあげてください
2日連続で飲んだら1日はあけるぐらいは休めてあげてください


まとめです
・体内の免疫はミッシングセルフ機構により自己細胞かそれ以外かを判断している
・正常に働いていない免疫も発生する
・過剰な免疫反応などにより体内に傷害を与えることもある
・障害により細胞が壊れると心停止の危険がある
・アナフィラキシーはアレルギー反応のひとつである
・お酒は適量の摂取を心掛けて、内臓に休みを取ってあげよう
こんな感じでしょうか?

今回はここまでにします
免疫の働き方は非常に複雑で理解するにはきちんと勉強して半年近くかかります
しかし非常に身近で発生しており、よく起こる反応でもあります
知っておくと少し役立つかもしれませんね
今回の内容はほかの反応を無視して割と大げさな感じに書いております
というかかなり大雑把な説明です(
勘違いするなというのはちょっときついぐらいです(
必ずしもこうはなりませんが、この記事ようなことも発生することを頭においていただけると幸いです

長文読んでいただきありがとうございました
それでは・w・ノシ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する